オーナー‘s ブログ

まぼろしのチャクラオイル

イタリアンブランドのジュエリー、MilenaZuの代表者でデザイナーのミレーネはバリに住んでいる。
インドネシアのバリは実に不思議な所で、神と魔物が混在しているような場所だ。
何年か前になるが、バリのウブドに私達が「バリの魔法使い」と、呼んでいる人がいた。
ジャングルに小さな農園を持ち、そこのオーガニックな植物から抽出して質の良いエッセンシャルオイルを製造していた。ミレーネいわく、
小さな農園で、採れるオイルもごく僅か。けれど、あのオイルは他とは比べものにならないくらいエネルギーが高いわ!

私も香り高いフランジパーニやら神秘的なシャンパカ、ロータス、そして、むせかえるような濃厚なジャスミンの香りを思い出した。
私達は、あのオイルを使って何か特別なブレンドの香水をつくることを当時は考えていた。
しかし在る夜、日本にいる私にミレーネから長い、長いメールが届いた。

私、昨夜すごい不思議な夢をみたの。あの魔法使いのエッセンシャルオイルね、あのエッセンシャルオイルのボトルが出て来て、ボトルの首にプラカードが下がっていたのよ。それぞれのプラカードに番号とメッセージが書かれていたの。
自分でも不思議なくらい、それを鮮明に覚えているのよ。目覚めてからすぐに、私はそれをメモした、忘れないうちに。あれはチャクラに働くエッセンシャルオイルのアナウンス、啓示だと思うの。1番から7番までの数字とメッセージ!

それから程なく、ミレーネはチャクラオイル13本を完成させた。
一つのオイルに何種類かのエッセンシャルオイルをブレンドさせ、ブレンドは極秘だったが、その素晴らしい香りと癒やされ感は圧倒的であった。
第1チャクラ用に3本。 例えば1-A 勇気と自信。 1-B 内なる強さ。1-C 忍耐、自由で自立した感覚を高める。などなど、以下第7チャクラまで。。。。。。

日本でのチャクラオイルの紹介を眼前に、バリの魔法使いはある日突然に姿を消した。
工房のドアは閉じられ、彼の妻も行き先を知らない。
行方不明という人やジャングルで生活に入ったという人もあって、真相は分からないままだ。もう7~8年前の事である。
つい最近、バリのウブドで彼を目撃したという噂があると聞いた。本当だろうか?

いつか、この高貴なチャクラオイルを日本に紹介したい!
まぼろしのチャクラオイルを眺めながら、私はまだ諦めていない。

2017/06/20